安全なキャットフードの選び方

ここまではキャットフードの種類や形状などの紹介をしてきました。それぞれに特徴がありますが、では実際にどういう点に気をつけていれば、安全なキャットフードを買えるのかということですが確認したいことが5点ほどあります。

以下の5点がキャットフードを選ぶときに確認しておきたい点です。この点を押さえておけば安全なキャットフードを選ぶことができるでしょう。

参考「https://wanko-media.com/

・タンパク質が豊富に含まれているか
・穀物が多すぎないか(グレインフリーであるか)
・品質や製造工程が安全か
・成分がバランスよく入っているか
・有害な添加物が含まれていないか

キャットフードは当然ですが、人間や犬とはまた異なった基準があります。ですので、人間の基準でフードをあげても猫には十分な栄養がとれていないのです。その1番の例がタンパク質と 炭水化物、必須脂肪酸です。

体の構成をするタンパク質は皮膚や毛を作ったり、新陳代謝を促したり、猫は毎日タンパク質を消費しています。猫も人間もこれらは同じですが、猫はタンパク質に含まれる窒素の必要量が多いため、高タンパクのフードを摂取する必要があります。

またタンパク質は20種類のアミノ酸からできていますが、アミノ酸は体内で合成できなく食事で摂取しなければいけない必須アミノ酸というものもあります。必須アミノ酸は種類や数が動物によって異なりますが、人間は9種類ですが猫は11種類必要になります。

またグレインフリーであるかも重要な条件になります。グレインフリーとフードに穀物が使用されているか否かのことを指します。猫は元々肉食動物であり、炭水化物は消化するのが苦手で好んで食べません。

また中にはフードの中に入っている穀物でアレルギーを起こす猫もいます。炭水化物の食べ過ぎは肥満や糖尿病の原因にもなります。猫にとってあまり炭水化物が多く含まれている食品はいいことがありません。

フードを選ぶ際にまずはこれらの栄養素が入っているかを確認しましょう。その上で栄養バランスが異なっていないか、製造工程や有害な添加物が含まれていないか、しっかりとパッケージを見て確認することが肝心です。

栄養素などかなり細いですが、その細かい気遣いが猫の健康寿命を伸ばすことになります。